Kingston Hyper X Fury マウスパッド レビュー

kingston-hyperx-fury-01
メモリやヘッドフォンで有名な【Kingston】。
今回は、そのゲーミングアイテム【Hyper X Fury】マウスパッドをレビューします。
なかなか良い質感!?しかし、難点も…?

スポンサーリンク

レビュー

定価

Sサイズ 1,480円(税込み)

パッケージ

kingston-hyperx-fury-02.jpg
コンパクトに丸まっている状態で販売されています。

滑走面

kingston-hyperx-fury-03.jpg
見た目は、一般的な布系パッドです。
光沢感のあるツルツル生地です。

裏面

kingston-hyperx-fury-04.jpg
グリップ抜群のギザギザラバーソールになっています。
ROCCATの【TAITO】と同じ形状です。

総括

質感はよくあるゲーマー向き布系マウスパッドですが、初動の滑りが良く、止めたいところでピタッと止まります。
マイナス面として致命的なのが、コンパクトなパッケージにしてしまったがためにマウスパッドを取り出した際、既に折り目の様な癖がついてしまっていることです。
せっかくの良いマウスパッドなのに、初期状態で波打っているのが残念です。
大きいサイズならばパッケージも違うので、大丈夫なのでしょうか?
価格対比にしては良いものなので、メモリなどもKingston使いの方におススメです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください